2022年11月20日 「同志社神奈川の集い2022」 の開催報告

同志社校友会神奈川県支部は、去る11月20日、横浜の崎陽軒本店において3年ぶりに「同志社神奈川の集い2022」(総会)を対面形式で開催した。新型コロナウイルス「第8波」の影響が懸念される中での開催となり、例年の約半分の47人が出席した。来賓として大学側から高杉副学長、矢田校友課課長、校友会本部から横山理事のご臨席を賜った。
第1部の校友会支部総会では、支部活動と活動計画の報告のほか、人事及び支部会則改定等の事項が決議された。人事においては、全会一致で支部長として平川功氏が再選された。
挨拶に立った平川支部長は、感染防止策を行いながらも、会員相互の交流の場を増やしていきたいとの支部活動に邁進する覚悟表明と、校友の支部活動への一層の協力・支援を呼びかけた。
第2部の懇親会においては、来賓の高杉副学長が大学の近況と今後の計画(研究活動の発信等で同志社をPR)について祝辞があった。次いで、校友会の横山理事が「同志社150周年に向かって課題を整理し同志社のさらなる発展という目標に向かって取り組みたい」との松岡会長からの祝辞を代読後、乾杯の発声があった。
久しぶりの対面での懇親会ということもあり、和やかに交流を深め、来年の総会での再会を期し、なごりを惜しんで閉会した。1年後の次回は、例年並み若しくはそれ以上の校友の参加を期待したい。
文責:(渡邊直幸(1986年法卒) 写真撮影:(木原康博(1971年工卒)&江澤香(1970年経卒))

開会の辞・平川支部長

来賓ご祝辞・同志社大学副学長 高杉様

来賓ご祝辞・同志社校友会理事 横山様

乾杯のご発声・同志社校友会理事 横山様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    閉会の辞・小山内 副支部長

総会会場の様子

神奈川の集い2022 集合写真