同志社校友会神奈川県支部会則

 

第1章 総則

第1条
本会は、同志社校友会神奈川県支部と称する。
第2条
本会は会員相互の交流を図り、同志社校友会本部との連携を保ちつつ会員との関係を密接にし、学校法人同志社の発展に寄与することを目的とする。
第3条

本会は、その目的を達成するために、必要な事業を行う。

(1) 支部会員に関する住所等情報の整備
(2) 同志社校友会本部および他支部との連絡・調整
(3) 寄附等の社会的貢献事業、その他本会の目的達成に必要な事項

第4条
本会の事務局は、支部長の選定する場所に置く。

第2章 組織

第5条
本会は、原則として神奈川県に在住または勤務する校友をもって構成する。
第6条
本会には部会を置くことができる。
第7条
本会の運営にあたる 幹事20名以内、会計監事1名を総会で選出する。
第8条

選出された幹事は、互選により次の役員を決める。

支部長 1名  副支部長 5名以内  幹事長 1名  副幹事長 1名

ただし 支部長については総会の承認を得るものとする。

2. その他、本会に特に功績のあったものに顧問を委嘱する。

第9条
幹事および会計監事の任期は2年とし、再任を妨げない.
ただし,任期途中で選任された役員の任期は、残任期の満了までとする。
第10条

支部長は本支部を代表し、会務を統括する。

2. 副支部長は支部長を補佐し、支部長に事故あるときはその職務を代行する。
3. 幹事長は支部方針に従い、会務全般を処理統括する。
4. 幹事は、支部組織の要となり、会の目的達成に努める。
5. 会計監事は当該年度の会計を監査し, 総会に会計監査報告をする。

第3章 会議

第11条

定期総会は毎年1回開催する。更に必要あるときは、臨時総会を開催することができる。

2. 総会は、支部長が招集する。
3. 総会では、会則の制定並びに改定、年次事業計画の承認、会務会計の承認、幹事・会計監事の選出、支部長の承認、その他の重要事項を審議し議決する。
4. 議決は、出席者の過半数の賛成を必要とする。

第12条

幹事会は随時これを開催し、会務執行に必要な事項を審議決定する。

2. 同志社校友会評議員を選出する。

第4章 会計

第13条
本会の経費は、寄付金およびその他の収入をもって充てる。
第14条
本会の会計年度は、毎年10月1日に始まり翌年9月30日に終わる。

第5章 個人情報の保護

第15条
当支部に所属する会員の個人情報は、校友会の活動以外の目的には使用しない
第16条
会員の個人情報の取扱いにあたっては、法令等の規定を遵守するほか、同志社校友会が定める「個人情報の保護に関する規定」に準拠することとする。

第6章 付則

第17条

本会則は、平成13年9月1日よりこれを施行する。

(平成21年10月18日一部改定)
(平成24年10月14日一部改定)
(平成26年10月26日一部改定)
(平成30年11月25日一部改定)